諏訪の観光地25選|魅力的なスポットやグルメがたくさん!

信州の大自然&歴史訪問なら諏訪(すわ)へ

長野県にある諏訪(すわ)地方は、御柱祭で知られる「諏訪大社」や信州で一番大きな湖「諏訪湖」、起伏のなだらかな高原「霧ヶ峰高原」など自然と歴史がマッチングした観光スポット。初めて訪れるのになぜか懐かしい、不思議に落ち着く心地よい街です。今回は諏訪エリアで見逃せない「諏訪大社」「諏訪湖」の周辺情報から諏訪で食べたいグルメ、おみやげ、夜景スポットまで諏訪の魅力をたっぷりご紹介。

信州出身の筆者がオススメする諏訪の観光地20選をお届けします!この記事を読めば、諏訪を初めて知るあなたも諏訪に行きたくなること間違いなしです!

1.日本最古の神社「諏訪大社」。御柱は「上社」にあります 諏訪と言えばまずはここを


諏訪と言えばまず、日本最古の神社のひとつである諏訪大社を訪れましょう。全国に1万以上の御分社をもつ諏訪神社の総本社がこちらの諏訪大社です。諏訪大社は正式には四社「上社本宮」「下社秋宮」「上社前宮」「下社春宮」があり、諏訪湖をはさんで南に「上社」、北に「下社」があります。 上社には、平安時代以前から続く日本三大奇祭「御柱祭(おんばしらさい)」で知られる「御柱」があります。

また国の重要文化財に指定されている建物や「諏訪造り」と呼ばれる独特の建物形式など、貴重な歴史的財産が多くあります。また下社にも樹齢800年の「寝入りの杉」や日本最大の青銅製の狛犬、国の重要文化財「幣拝殿」「神楽殿」など、歴史を感じる建物・風景が多数。

神聖な空気溢れる神社を敬いながら、清々しい気持ちで参拝しましょう。ちなみに次回の御柱祭は、平成28年(2016年)とまもなく開催。毎回けが人が続出する「里曳き」の迫力を目の前で見るチャンス。 7年に一度しか行われない貴重な大祭は一見の価値ありのお祭りです。

■諏訪大社 上社(本宮)
所在地:諏訪市中洲宮山1
アクセス:中央自動車道諏訪ICから県道16号経由2km、5分、またはJR茅野駅から車で30分
駐車場:あり
■諏訪大社下社秋宮 所在地:諏訪郡下諏訪町5828
アクセス:長野自動車道岡谷ICから約15分、またはJR中央本線下諏訪駅から徒歩約10分
駐車場:あり

2.湖面に映るお城・高島城と高島公園 日本3大湖城のひとつ


日本3大湖城のひとつで、別名「浮城」とも呼ばれた諏訪高島城。豊臣秀吉の家臣「日根野織部高吉」により築城され、諏訪氏の居城として鎮座していました。現在は1階~3階まで見学することができ、3階は諏訪の平を一望できる展望コーナーになっています。

また高島城は「高島公園」の中にあり、四季折々の花々が咲き誇る公園内を散策することができます。春には桜の名所として多くの人々が訪れます。

■諏訪高島城
所在地:長野県諏訪市高島1-20-1
アクセス:JR中央線上諏訪駅下車徒歩10分、または中央自動車道「諏訪IC」より車で15分
開館時間:9: 00~ 17: 30( 10/ 1~ 3/ 31は 16: 30まで)
休館日:2015年は11月12日(木)、12/26~12/31
料金:大人 300円、小人(4歳~中学生)150円
駐車場:あり、無料

3.花火に、わかさぎ釣りに楽しめる「諏訪湖」 信州一大きな湖


信州で一番大きな湖、諏訪湖。夏は花火大会、冬はわかさぎ釣りなど諏訪湖畔ではさまざまなイベントが開催され、多くの人々が訪れています。そんな広い諏訪湖の見学には、水陸両用バスの利用がおすすめ。

「諏訪湖探検ダックツアー」は、JR諏訪駅から出発し、諏訪湖をクルーズ。高島城も車窓見学できるのでお得感いっぱいです。メインイベントとなる陸地から湖へのスプラッシュインは、多くの歓声に包まれます。

■諏訪湖探検ダックツアー
ツアー時間:70分、諏訪湖クルーズ約25分
料金:大人3,000円、小学生以下2,000円、幼児500円
乗車場所:JR上諏訪駅西口
アクセス:JR中央線上諏訪駅下車(JR上諏訪駅西口)、または中央自動車道諏訪ICから3分、長野自動車道岡谷ICより15分
申込み:諏訪湖ダックツアーへ要予約(0266-75-2650)

4.諏訪湖の花火はこちらがメイン会場です!諏訪市湖畔公園 遊覧船や間欠泉もあり


その名の通り諏訪湖畔にたたずむ公園「諏訪市湖畔公園」は、諏訪市民なら誰もが知っている、諏訪市民が集う公園。なぜならこの公園で諏訪湖開きや諏訪湖祭湖上花火大会、全国新作花火競技大会などの主要なイベントが開催され、メイン会場となっているからです!また遊覧船乗場や「諏訪湖公園足湯」、「間欠泉センター」などのスポットもこちらの公園内にアリ。

諏訪市湖畔公園の魅力は5位・6位の記事もチェックを。

■諏訪市湖畔公園
所在地:諏訪市湖岸通り2~5丁目
アクセス:JR中央本線上諏訪駅から徒歩約10分、中央自動車道諏訪ICから車で約15分
駐車場:あり、無料

5.温泉ぷしゃー!諏訪湖間欠泉センター 見どころは建物3Fからの見晴らしや温泉たまごも


温泉スポットでもある諏訪。こちらで温泉掘削の際に噴出した間欠泉を見ることができます。

昭和58年の噴出当時は高さ50メートル、当時は世界第2位の高さといわれていましたが、現在は止まってしまい、人口で5メートルの高さを噴出させています。 噴出時間が決まっているので、ぜひチェックしてお出かけください。館内は1階~3階まであり、3階では諏訪湖が見渡せるほか、諏訪湖花火の写真や花火玉の模型が展示されています。

また1階の売店では温泉地のお楽しみ、温泉たまごを食べることができます。

■諏訪湖間欠泉センター
所在地:長野県諏訪市湖岸通り2丁目208-90
営業時間:9時~18時(10月~3月は~17時)
入場料:無料
駐車場:あり、無料
噴出時間:9時30分、11時、12時30分、14時、15時30分、17時(※17時は4月~9月のみ)

6.諏訪湖・湖畔公園の足湯でほっこり♡ 眺め最高


諏訪湖を眺めながら、足湯でまったり…。疲れも吹き飛ぶサイコーのお楽しみ♡こちらは湖畔公園内にある足湯で、お湯は諏訪湖畔の七ツ釜源泉から引いた本格的な温泉。

近くに更衣室があり、衣類の着脱が可能です。タオルは持参しましょう。

■湖畔公園足湯
所在地:諏訪市湖畔公園内
利用時間:4月~11月…9時~18:30、12月~3月…9:00~17:30
休業日:諏訪湖祭湖上花火大会(8月15日)と全国新作花火競技大会(9月の第1土曜日)は利用不可

7.北八ヶ岳ロープウェイで空気の澄んだ高原を空中散歩♪ 見どころは山頂の「坪庭」


北八ヶ岳へ手軽に登り、日本三大アルプスの絶景を望むことができる「北八ヶ岳ロープウェイ」。標高1,771mの山麓駅から標高2,237mの山頂駅まで約7分間、ロープウェイでの空中散歩が楽しめます。山頂には「坪庭」と呼ばれる自然の作りだした美しい芸術空間が広がり、整備された散策路を歩きながらの高原散策もおすすめ。

春、夏、秋とそれぞれさまざまな表情をみせてくれる高山植物の花々は、自然からの最高のプレゼントです。

■北八ヶ岳ロープウェイ
アクセス:中央自動車道諏訪ICから約25km(40分~50分)、またはJR中央線「茅野」駅下車、茅野駅西口 アルピコ交通バス「北八ヶ岳ロープウェイ」行き乗車、約60分
ロープウェイ料金:大人片道¥1,000、往復¥1,900、子ども片道¥500、往復¥950
運行時間:8:00 – 17:00の間で、時期により異なる。詳細はHPで確認を
運休日:11月24日(火)~ 12月11日(金)
駐車場:あり、無料

8.霧ケ峰高原で、ハイキング&ウォーキング! 可憐な植物の宝庫


霧ヶ峰(きりがみね)は車山から鷲ヶ峰にかけ、エリアは諏訪市~茅野市にまたがる広大な高原。シーズン毎にさまざまな高山植物が咲き乱れ、とくに7月に見ごろを迎える「ニッコウキスゲ」が有名。一面に咲き誇り、車内からもその黄色い可憐な花を楽しむことができます。

霧ヶ峰へ訪れるなら、せっかくならハイキングがおすすめ。30分コースから5時間強コースまでさまざまなコース設定がされているので、自分にぴったりのコースで高原ハイキングを満喫してみましょう。

■霧ヶ峰高原 霧ヶ峰自然保護センター
所在地:長野県諏訪市四賀霧ヶ峰7718-9
アクセス:中央自動車道諏訪ICより 約17km、国道20号から県道40号線 所要時間25分、長野道岡谷ICよ 約22km、国道20号県から道40号線 所要時間35分
開館時間:9:00~16:00
休館日:毎週水曜日(水曜祝日の場合、木曜日)

9.ガラスの創りだす幻想的な世界へ。SUWAガラスの里 展示販売のガラス雑貨類もレストランも楽しい


諏訪湖畔にたたずむガラスのミュージアム&体験館「SUWAガラスの里」。こちらではガラスの雑貨、アクセサリー、グラスなどの展示・販売のほか、美術館も併設。とんぼ玉の制作体験なども人気です。

館内にはベーカリーレストラン「ベーカリーレストラン カンパーニュ」もあり、諏訪湖を眺めながら休憩することができます。美味しいパンとドリンクでほっとひと息つきましょう。

■SUWAガラスの里
所在地:長野県諏訪市豊田2400-7
アクセス:中央自動車道諏訪IC、長野自動車道岡谷ICより車で15分、またはJR中央線上諏訪駅よりタクシーで10分、またはスワンバスで約20分(大人150円・子供80円)
営業時間:4~9月:9:00~18:00、10~3月:9:00~17:00
定休日:年中無休
料金:1Fショップ・工房・レストラン無料、美術館は高校生以上500円、中学生以下無料
駐車場:あり、無料

10.昭和レトロな片倉館で、でっかいお風呂に浸っちゃお! メインは「千人風呂」


「片倉館」とは、片倉財閥により昭和4年に設立された厚生施設。平成23年に国指定重要文化財に指定された趣のあるレトロな建物です。こちらのメインは「千人風呂」と呼ばれる天然温泉大浴場で、現在も入浴することができます。

ステンドグラスや周囲の彫刻など、装飾品の豪華さに目を奪われる大浴場は、100人が一度に入浴できるほどの広さ。お風呂の底には玉砂利が敷き詰められており、足裏を心地よく刺激してくれます。

■片倉館
所在地:長野県諏訪市湖岸通り4-1-99
アクセス:JR本線上諏訪駅より徒歩8分、または中央自動車道諏訪I.C.より7km 千人風呂
料金:大人650円、小人450円(3才以上小学生まで)
営業時間:10時~21時(受付は20時30分まで)
休館日:毎月第2・第4火曜日
駐車場:あり、無料

11.立石公園からのロマンチックな夜景は必見♡ 展望スポットは2か所


諏訪で夜景を見るならココ!というスポットが、立石公園(サンセットパーク立石)です。諏訪湖を見下ろす高台にあり、昼間は家族連れ、夜はカップルたちでにぎわっています。公園内には展望スポットが2か所設置されており、うち1か所は24時までライトアップされています。

おすすめは階段下広場の展望スポット。こちらの方がより広域を見渡すことができ、諏訪市街や岡谷市まで一望することができます。ちなみにこちらの公園は、花火シーズンになると朝5時から場所取りが始まる激戦スポットになっております!

諏訪湖もたっぷり見渡すことができますよ。

■立石公園(サンセットパーク立石)
所在地:長野県諏訪市上諏訪10399
アクセス:JR中央本線上諏訪駅から車で約15分、中央自動車道諏訪ICから車で約30分
駐車場:あり、無料

12.諏訪のB級グルメを食す!信州諏訪みそ天丼 ご当地グルメの筆頭!


諏訪湖のわかさぎ・川えびと、地元諏訪産の野菜を天ぷらにした天丼に、特製の諏訪の味噌ダレを絡ませた天丼「信州諏訪みそ天丼」が、諏訪地方のB級グルメ。市内の20店舗強のお店でいただくことができます。

地元諏訪で60年を迎える「いずみ屋」の信州諏訪みそ天丼は、素揚げのそばを投網にみたてた見た目も楽しい逸品。

郷土料理が好評の老舗のお店です。

■れすとらん割烹 いずみ屋
所在地:諏訪市諏訪1-2-4
アクセス:上諏訪駅より徒歩1分
営業時間:11:00〜14:00/17:00〜22:00(LO21:30)

13.底に沈むくらいの寝かせタレが辛ウマ!ハルピンラーメン ハルピンは中国の東北の町


諏訪市のB級グルメになりつつあるのが諏訪市にある「ハルピンラーメン(650円)」。青森県十和田産ニンニクに特製醤油など店主こだわりの何種類もの食材を組み合わせ、数年寝かせ熟成させたタレは「重いので底に沈んでしまいます」という注意書きがあるほどの変わりタレ。食べる際は丼の底から麺とスープを持ち上げるようにして、絡ませて食べる注釈付きのラーメンです。

ピリ辛で奥が深い味わいのラーメンのあとは、ジャスミン茶のサービスが。お口の中がさっぱりとします。

■ハルピンラーメン 諏訪本店
所在地:長野県諏訪市四賀2336-2
アクセス:JR中央本線茅野駅から車で15分
営業時間:11:00~24:00
定休日:年中無休

14.諏訪のおみやげなら「ヌーベル梅林堂」の「くるみやまびこ」 モンドセレクションで10年連続金賞


「ヌーベル梅林堂」の「くるみやまびこ」はモンドセレクションでなんと10年連続最高金賞受賞しているお菓子。信州八ヶ岳山麓でとれる新鮮な牛乳でじっくり煮込んだ特製くるみキャラメルを、サクサクのクッキーで包んだ見た目も可愛らしい一品です。

諏訪大社にも献上されたお菓子は、誰にプレゼントしても喜ばれる間違いないおみやげです。

■ヌーベル梅林堂 岡谷本店
所在地:長野県岡谷市中央町1-11-1 イルフプラザ1F
アクセス:JR岡谷駅より車で5分
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休
■お菓子の家 ヌーベル 諏訪店
所在地:長野県諏訪市城南1-2556-7
営業時間:10:00~19:00
定休日:年中無休

15.地味に使える諏訪湖サービスエリア。「スタバ」あります! 最高のロケーションとともに楽しめる所


諏訪湖サービスエリアは、諏訪湖を一望できる最高のポジションにたたずむサービスエリア。そんな最高のロケーションを見渡せる場所に、お馴染みの「スターバックスコーヒー」があります。上り・下りともにあり、どちらも諏訪湖を望むテラス席あり!

長野県ではあまり店舗がない貴重なスタバのため、地元の人もよく訪れるコーヒースポットです。

■スターバックスコーヒー(上り・下り)
営業時間:上り7:00~22:00、下り7:00~21:00(12月~3月は7:30~20:00)
■諏訪湖サービスエリア
所在地:長野県岡谷市湊字方久保道上461-1(上り)、長野県諏訪市豊田(下り)
営業時間:24時間 ぷらっとパーク(一般道からの駐車場):あり、無料

16.長野・諏訪の観光地をぐるり。諏訪湖観光汽船 諏訪湖をぐるりと1周する大型遊覧船


大型遊覧船で諏訪湖をぐるりと1周する諏訪湖クルーズはいかが。諏訪湖遊覧船桟橋をスタートし、初島から下諏訪桟橋沖、そして岡谷方面へと進む30分の優雅な船旅です。船上からは優雅な諏訪湖畔はもちろん、霧ヶ峰や八ヶ岳連峰、天気が良ければ富士山をも見渡すことができますよ。

船はかわいらしい白鳥姿の「スワン」と、亀をモチーフにした「竜宮丸」の2船があります。

■諏訪湖観光汽船
所在地:長野県諏訪市湖岸通り3-1-27
アクセス:中央自動車道「諏訪IC」から車で約15分、長野道「岡谷IC」から車で15分 遊覧船運行時間:9:30~16:00の間で毎回00分、30分発 料金:大人900円、子ども450円

17.諏訪湖観光汽船名物「バッタソフトクリーム」 なんとご当地定番佃煮のイナゴを!


諏訪湖観光汽船の売店にある名物はぜひお試しを。テレビや雑誌などのメディア取材も多々受けているという話題のスイーツがこちらにあります。その名も「バッタソフト」!

これは信州名物の「いなごの佃煮」、5~6匹を見た目もそのままにソフトクリームにブっさしたという超・B級ソフトクリーム。香ばしいいなごの佃煮とあま~いソフトクリームのハーモニーが楽しめます。話題にのっかりたいあなたや、ゲテもの好きのあなたもレッツトライ。

ちなみにいなごの佃煮が気にいったという方は、諏訪エリアの各売店やサービスエリアのお土産コーナーなどで購入することができます。信州人の愛する、ご飯のお供といえばの「いなごの佃煮」、見た目はイマイチですが、お味は美味しいんですよ♡

■諏訪湖観光汽船 売店
所在地:長野県諏訪市湖岸通り3丁目1-27
アクセス:中央自動車道「諏訪IC」から車で約15分、長野道「岡谷IC」から車で15分
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休

18.信州みそのお味噌汁を100円で!タケヤ味噌会館 飲食コーナーが嬉しい


信州みその大手「タケヤ味噌」の主催する施設が「タケヤ味噌会館」です。こちらでは信州みその歴史を知ることができる情報センターのほか、おみやげショップや飲食コーナーが用意されています。立ち寄ってほしいのが飲食コーナー「30 BAR」。

毎日数量限定で販売されている、タケヤの信州みそを使用した「豚汁」が大人気です。なんと1杯100円で、おみそやさんの作った美味しい豚汁をいただくことができます。おみそ味の「ごまみそソフトクリーム(300円)」もおすすめ! 場所は間欠泉センターの正面と、分かりやすい立地。間欠泉センターとセットで訪れてみて。

■タケヤ味噌会館
所在地:長野県諏訪市湖岸通り2丁目3 タケヤみそ会館
アクセス:中央道「諏訪IC」から車で約20~30分、JR中央本線「上諏訪駅」から徒歩約15分
営業時間:午前9:30~午後4:30
休業日:年中無休、ただし年末年始や社内行事の際は休業あり

19.諏訪のパワースポット「万治の石仏」 芸術性の高さに加え不思議な由来も


画家の岡本太郎さんが絶賛し、一躍諏訪エリアの観光名所となったのがこちらの「万治の石仏(まんじのせきぶつ)」。諏訪大社とともに、諏訪のパワースポットのひとつとなっています。その不思議な由来は明暦3年、この遺石を利用して諏訪大社に大鳥居を奉納しようとしたことに始まります。

石工がノミを入れたところ、遺石から血が流れ出たそう。おどろいた諏訪高島三代藩主忠晴は奉納をあきらめ、この石に阿弥陀様を刻み拝んだという逸話が残っており、芸術性の高さだけでなく不思議な神話も、パワースポットの元となっています。

■万治の石仏(まんじのせきぶつ)
所在地:諏訪大社下社春宮から徒歩5分
アクセス:長野自動車道「岡谷ICから」約15分、JR中央本線「下諏訪駅」から徒歩約25分
駐車場:あり(諏訪大社下社春宮駐車場)

20.諏訪湖畔にたたずむ美術館「原田泰治美術館」 ノスタルジック絵画で著名なデザイナー原田泰治のナイーブ・アートに浸れる


どこか懐かしいような、やさしいタッチの絵を描く原田泰治さんの美術館が、諏訪湖を望む湖畔にあります。館内には喫茶室もあり、ここからの諏訪湖の眺めは絶景。美味しいコーヒーとスイーツでひと息つきましょう。

軽食のほかスイーツもあり、季節のタルトや高原牛乳たっぷりのシュークリーム&プリンが人気。信州はカフェが少ないエリアのため、カフェだけの利用もおすすめですよ。

■諏訪市 原田泰治美術館
所在地:長野県諏訪市渋崎1792-375
アクセス:中央自動車道「諏訪IC」から車で10分、JR中央本線「上諏訪駅」からタクシーで10分、かりんちゃんバス 市内循環内回り線・すわっこランド・上社有賀線・スワンバス 外回り線「原田泰治美術館」下車すぐ 開館時間:午前9時~午後5時(入館は閉館30分前まで)
定休日:月曜休館(祝日は開館)年末年始、展示替え休館あり
料金:大人820円、中学生・高校生410円、小学生200円

松本のグルメ観光も見逃せない5店 松本駅に、つまり松本城に近いグルメスポット

諏訪市と松本市は間に霧ヶ峰と美ヶ原高原を挟んだ隣町です。電車だと、JRの特急で上諏訪駅から松本駅までのひと駅、30分ほどの距離。車では50kmほどの道のりを長野自動車道を使って進むと1時間もかかりません。

諏訪市からこんなに近くて、見どころ満載の松本市の、松本駅と松本城からも近いクルメスポットをご紹介していきます。諏訪から少し足を伸ばして行ける松本城周辺の観光スポットを訪れるときなどにぜひ召し上がりにどうぞ。

1.店は控えめ、味とボリュームはしっかり「生ぱすた処 千慶」


店は隠れ家ぎみの場所にあります。建坪は狭くて店内にテーブルが3つですが、2階も客室です。パスタのトッピングもボリュームも沢山。 パスタもソースも長野テイストという感じのしっかりした味付け。コスパ良しとの評価もあります。店の近くには「まつもと市民芸術館」もあって楽しめそうですね。

■生ぱすた処 千慶
住所 長野県松本市深志3丁目6-14
電話 0263-31-0007 松本駅から744m
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30) ランチ営業
定休日 日曜
駐車場 有(2台)

2.ジャムよりもリアルスイーツ感たっぷりの手作りコンフィチュールのカフェ「MoMo Cafe」


松本市の手作りコンフィチュールの専門店「Chez Momo(シェモモ)」の製品を楽しめる、おシャレなカフェです。コンフィチュールとは、ゼリー化などせずに丁寧に煮詰めた果汁に、分離しておいた果肉を漬けるジャムに近い物です。ジャムよりも、より果物本来の繊細なおいしさが残っています。

店はモーニングも営業。季節の果物を材料にしたコンフィチュールをこの「MoMo Cafe」でイートインできますし、テイクアウトで家で楽しむこともできますよ。

■MoMo Cafe
住所 長野県松本市大手4-4-16
電話 0263-32-2968
営業時間 9:00 – 18:00
定休日 水曜日、第三木曜日。不定休有
駐車場 有(1台。近くに有料パーキングあり)

3.行列のできる名店!「蕎麦倶楽部 佐々木」


昼過ぎでも30分待ちの行列ができる、松本では知名度MAXの蕎麦の人気店です。店内には意外なことにアンティークなレコードステレオセットが。クラシック音楽のLPレコードもあるようです。 蕎麦は細めでも確かなコシ。

この蕎麦の風味が素晴らしい、と好評です。黒板に「本日のおススメ」メニューが書かれていて、「馬刺し」や「山賊焼き」なども用意されていることも。

■蕎麦倶楽部 佐々木
住所:長野県松本市大手4-8-3
電話:0263-88-3388
営業時間:昼11時30分~14時 夜18時~21時
定休日:月曜日、日曜日夜(日曜日は、予約相談可)
駐車場:なし

4.好評が続く!うなぎの笹蒸し「桜家」


店名は「さくらや」と読みます。創業は大正9年の確固たるうなぎ割烹料理の老舗です。確かな伝統の育む品格を維持しているこの店は、気取ってないので立ち寄りやすい雰囲気。

代々受け継がれてきた秘伝のタレが自信の元。「桜家」のオリジナル品「うなぎの笹蒸し」の人気はすでに全国に広まっていて、多数の固定客が付いています。店ではうな丼はもちろん、定食も1,400円代のカツ定食からありますので、気になる品をぜひご賞味ください。

■桜家
住所 長野県松本市大手4-9-1
電話 0263-33-2660
営業時間 11:00~14:00 / 17:00~21:00
定休日 月曜日
駐車場 10台

5.「かふぇ&れすと 縄手通り」


この店のメインディッシュはカレーです、間違いなく。カレールーはトマトベースのレギュラー、中辛、特辛の3種類が基本。どれも1ランク辛めと思っていてちょうど想像通りに味わえます。

カレーのメニューは豊富で、中でも「山賊焼きカレー」、「チーズカレー」「ハンバーグカレー」なども人気の品です。「松本・安曇野 地元野菜で作る季節の野菜カレー」というメニューも注目の的。カレーがメインで店の外観もカレー店、という感じですが、カフェなのでコーヒーも普通に頼めます。

使う水は地元松本の湧き水「女鳥羽の泉」。イオンたっぷりの新鮮な水です。それからケーキも。

いろんな品を満喫できますよ。

■かふぇ&れすと 縄手通り
住所 長野県松本市大手4-3-21 松本駅から793m
電話 0263-32-4888
営業時間 11:00~22:30
定休日 水、祝日、祝前日
駐車場 無

諏訪のまったり観光を紹介して

信州・諏訪エリアの魅力は伝わりましたでしょうか。東京からも大阪方面からもアクセス至便な諏訪市へは、車での来場が便利。無料の駐車場が多くのスポットで完備されているので、駐車の心配も無用です。

中央自動車道の「諏訪IC」や長野自動車道の「岡谷IC」をポイントにして、お気に入りのスポットへ出かけてみましょう。

※本記事に掲載されています価格等は、2016年11月時点のものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする